@
NC旋盤加工 小径精密シャフト インサート部品 セルスペーサー  精密ナット 工業用ファスナー リベット 切削加工
 
 
メインメニュー
製造業 Links
最近の画像(画像付)
ローレット加工品 (2011-5-19)
ローレット加工品
6角穴加工 (2010-12-6)
6角穴加工
セルスペーサー (2010-11-9)
セルスペーサー
新着ムービー(画像付)
NC旋盤加工業の2代目の視点

NC旋盤による精密部品切削加工業の2代目(予定)が日常感じていることを綴るブログ。
NC旋盤、切削加工などの仕事の話からプライベートまで幅広い話題をアップしていきます。
(どっちかというとプライベートの事の方が多いかも)

2008年3月20日(木曜日)

ツガミの工場見学

カテゴリー: - shin @ 23時32分14秒

3/15にツガミの長岡工場を見学させてもらいました。

ツガミ 長岡工場

弊社は設備的にはミヤノのBX-26Sがあるのでφ26までは
加工可能なのですがこの機械はある部品の専用機になっているので
現在のところφ16までの加工範囲ということで営業させて頂いています。

しかし最近大きい径のもので複合加工の部品の見積りが増えてきました。
HPを見てお問合せを頂いたお客さんからも弊社加工範囲を超えたサイズの
お問い合わせが多くあります。
弊社としても、もう少し加工範囲を広げて対応して行こうと考えとりあえず
φ20の複合加工機を検討しています。

うちはほとんどが野村精機の自動機なので他社が全くわからない。
カタログを見ながら説明を受けてもイマイチぴんと来ないので、
現物の機械を見ながら説明をしていただきました。

やはりメーカーが違うと色々と特徴があり面白いですね。
今までは考えられなかったツールの配置や加工工程がありとても新鮮でした。
ツガミで魅力を感じたのは高精度、高剛性もそうですがやはり
スイスタイプとブッシュレスタイプを切り替え切り替えられること。
これで製品全長の長いものにも対応できるし、短いものには残材を短くする事で
コスト削減もできると言うお得なところが一押しでした。

3/18にはスター精密も弊社に来社して新型機種のPRをしていただきました。
NC旋盤はとても高価なものなので今のニーズに合ったものを
選定できるようにじっくり考えたいと思います。


2008年3月9日(日曜日)

サンドイッチマン

カテゴリー: - shin @ 23時13分35秒

気がつけばもう三月。
最近ブログの更新せずにあっという間に
一ヶ月経っていました。

この一ヶ月は色々な事がありましたが
中でもN精機の民事再生の申請が一番衝撃的でした。
聞いた時は「冗談だろ」と思っていたんですけど・・・・。

仕事の方はおかげさまでそこそこ順調にさせていただいております。
短納期の部品が多くてバタバタしているのが現状かな。
各お客さんも先が読めずにどうしても短納期になってしまうようです。
まして3月は決算期の会社が多く在庫は極力持ちたくないのが本音でしょう。

さて、昨日の土曜日に近くのショッピングセンターに買い物言ったときの事。
なぜか人だかりがあったのでちょっと覗いて見るとテレビで見たことのある人たちが。
M−1王者のサンドイッチマンがイベントで来ていました。
よくよく見るとショッピングセンターが1周年だったようです。

サンドイッチマン
(勝手に写真載せてしまいましたが問題があれば削除します)

サンドイッチマンは案内されて店の一押しのものを食べたり
トークショーで盛り上げたりしていました。
僕は田舎者だからか、なんか芸能人を見ると得した気分になってしまいます。


20 queries. 0.039 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カテゴリ一覧
ブログ 最近の投稿
ブログ 最近のコメント
ブログ 月別過去ログ