@
NC旋盤加工 小径精密シャフト インサート部品 セルスペーサー  精密ナット 工業用ファスナー リベット 切削加工
 
 
メインメニュー
製造業 Links
最近の画像(画像付)
ローレット加工品 (2011-5-19)
ローレット加工品
6角穴加工 (2010-12-6)
6角穴加工
セルスペーサー (2010-11-9)
セルスペーサー
新着ムービー(画像付)
NC旋盤加工業の2代目の視点

NC旋盤による精密部品切削加工業の2代目(予定)が日常感じていることを綴るブログ。
NC旋盤、切削加工などの仕事の話からプライベートまで幅広い話題をアップしていきます。
(どっちかというとプライベートの事の方が多いかも)

2006年1月30日(月曜日)

かなり遅い新年会

カテゴリー: - shin @ 00時26分44秒

土曜日は社員のM君夫婦とうちとでかなり遅い新年会をしました。
場所は以前ブログでも記事にした事のある焼酎をたくさん置いているレストランです。

まずはビールで乾杯して色々な話をしました。
食べ物もマスターにお願いしていたので美味しいものをたくさん出していただけました。

2杯目からはM君と私はマスターのお任せで焼酎をじっくり堪能しました。
M君の奥さんは「ジーマ」、うちの嫁は梅酒を飲んでいました。
梅酒も何種類かあったのでまた機会があったら紹介したいと思います。

まず1杯目出してもらったのは「佐藤の黒」。(酔ってから写真を撮ったのでかなりぶれてしまいました。)
satou-kuro
このお酒はこの店で何度か飲ませてもらっているのですがかなり有名な焼酎です。
以前入った仙台の店では1杯1,500円でした。ところがこの店で飲むと1杯700円!格安です。しかも大きなグラスのかなりの量が入っています。
さすがにうまい!芋焼酎特有の臭みがそんなに感じられないのでとっても飲みやすい焼酎です。

2杯目は「晴耕雨讀」。なんて読むのか分かりませんでした。
seikouudoku
調べてみると「せいこううどく」と言う名前のようです。
鹿児島の芋焼酎でこれも飲みやすい。初めて飲んだのですがうまくて名前も変わっているので覚えやすいです。

3杯目は「き六」。(本当は写真のような漢字です)
kiroku
M君はこの焼酎が一番合うようで一番のお気に入りだったようです。
これも芋焼酎で宮崎産のようです。やはり九州は本場ですね。
色々なうまい焼酎がいっぱいあって羨ましい。

私とM君が「き六」を飲んでいる間にM君の奥さんは「ダバダ火振」を注文。
dabada
この焼酎は私も以前飲んだことがあるのですが私はあまり聞いた事が無い栗焼酎です。
それでも栗と言われても分からないほど癖が無く非常に飲みやすい焼酎でした。
これは高知県の焼酎です。高知って栗が有名なんでしょうか?

そして最後に「真鶴」が出てきました。
manaduru
この頃になるともう味が分からなくなってきてしまい、どんな感じだったのか説明できません。
マスターの話によるとこれもなかなか手に入らないと言われたのですがしっかり堪能する事ができませんでした。
また次回行った時に最初に頼んでじっくり味わってみます。

料理もすごく美味しくて焼酎も色々と楽しめるこのレストランをM君も気に入ってくれたようでした。
次回もここで焼酎の勉強をしながら自分に合う焼酎を探してみます。
今のところは何でも美味しく飲んでいるので良い感じです。
また珍しい焼酎を飲む機会があったら紹介します。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://uriu-ss.jpn.org/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/125

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

21 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カテゴリ一覧
ブログ 最近の投稿
ブログ 最近のコメント
ブログ 月別過去ログ