@
NC旋盤加工 小径精密シャフト インサート部品 セルスペーサー  精密ナット 工業用ファスナー リベット 切削加工
 
 
メインメニュー
製造業 Links
最近の画像(画像付)
ローレット加工品 (2011-5-19)
ローレット加工品
6角穴加工 (2010-12-6)
6角穴加工
セルスペーサー (2010-11-9)
セルスペーサー
新着ムービー(画像付)
NC旋盤加工業の2代目の視点

NC旋盤による精密部品切削加工業の2代目(予定)が日常感じていることを綴るブログ。
NC旋盤、切削加工などの仕事の話からプライベートまで幅広い話題をアップしていきます。
(どっちかというとプライベートの事の方が多いかも)

2006年4月3日(月曜日)

チップの難しさ

カテゴリー: - shin @ 22時51分43秒

今日は今まで弊社で加工した事の無い材料SUS440Cにて製品を作りました。
やはり経験が無い材料を加工するとなると簡単にはいかない。

やった事のある方は加工条件や刃物の選定など悩むことなく出来るのだろうけど、
初めてだった私はとりあえず通常通り手研ぎバイトで条件もSUS303よりも
回転を落として加工してみた。

加工しながらプログラムを変更しさらに加工。これを数回繰り返して加工0条件を
選定してとりあえず流してみる事にしました。
流してみるとやはり加工条件が合ってないらしくどんどん寸法がプラスしていく。
15分後とに確認しに行くとどうしても0.003くらいずつプラスして行き全く安定しませんでした。

それならチップを使いメーカーに加工条件を聞いてやってみようと考え、○社に問い合わせてチップの条件を聞いて再トライ。
ところがこれが話にならないくらい寸法も安定しないし、面粗さも最悪な仕上がり。
仕方が無いので色々と条件を変えて加工しても満足いくような仕上がりにはほど遠い・・・・・。

やはり手研ぎの方が良いのかと考えながらもせっかくだから△社のチップも試してみよう思い、チップ交換して再々トライ。
するとビックリな事にとても綺麗な面粗さ、そして安定した寸法値。
加工条件は○社と同じはずなのに・・・・・・・。

チップと一言で言っても各メーカーそれぞれの形状、コーティング、素材の違いで全く違うものだという事が良くわかりました。
今日は段取りをものにするまでかなりの時間がかかってしまったけど、この材料はこのメーカーのチップという具合に
得意不得意があるのかなと感じる事ができていい経験が出来ました。

それにしてもせっかく切削条件を聞いたのに加工してみると全然ダメだったのが非常にがっかりです。
普通はメーカーの推奨条件で加工すればそこそこの物が出来るだろうと考えていたのでビックリでした。
今後はこの理由を追及するのと素材に対してどこのチップが良いのかを研究するのが課題です。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://uriu-ss.jpn.org/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/148

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

21 queries. 0.044 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ブログ カテゴリ一覧
ブログ 最近の投稿
ブログ 最近のコメント
ブログ 月別過去ログ